© 2018 Toba City All Rights reserved.

凪、羽音と   稲垣 美侑

ARTobaでの展示第4弾!

美しく繊細な世界観をあなたも感じてみてはいかがでしょう

作品は、鳥羽の島々や海沿いの町の風景をもとにしています。

「振り向きざま、外壁のすき間から海が見えた。網、海藻、貝、砂浜、水面に揺らめく波音、汽笛が響く。鳥羽の日常の欠けらから海の街の風景が立ちあがってくる。」
                         “離島,石鏡,安楽島の風景から”

「風にのって潮の匂いが届いた。窓の向こう側にあざやかな水平線が広がっている。ピュロロローと鳴く鳥が遠くで羽ばたき、今日も海沿いの一日が流れてゆく。」
                              “神島の風景から”

見る向き、時間によって違った印象を受ける

風で揺れると幻想的な空間に

天候や時間によっても印象が変わるので何度でも来て見て

稲垣 美侑

神奈川県生まれ
東京藝術大学大学院美術研究科 博士後期課程美術専攻油画に在籍。
人々の暮らしや何気ない日常の変移を見つめながら、住まいや個人に内包される記憶から、その居場所をめぐって「所在の輪郭」を問いつづけてきた。「窓」をイメージの発端に、その内と外とはざまを行き交いながら、新作の絵画を中心に、光と色彩の織りなす空間表現を展開する。

主な賞歴:

2011 「黒一展」  (TURNER Gallery/東京)
2011 「タダナラヌヨカン」 (TURNER Gallery/東京)
2013 「アート亀山2013」( 東町商店街 民家/三重)
2014 個展「稲垣美侑 展」( 台東区環境ふれあい館ひまわり/東京)
2014 「そこここ 展」(Yuga Gallery, 東京藝術大学/東京)
2014 「アート亀山2014」 (市指定文化財 旧舘家/三重)
2014 「第62回東京藝術大学卒業・修了作品展」 (東京都美術館/上野)
2015 「亀山トリエンナーレ2017プレ企画展」 (市指定文化財 旧舘家/三重)
2015 「熊野古道美術展 紀伊長島2015」 (紀北町 民家アニタ/三重)
2016 「Drawing Water DIG TOKYO 2016 - 異文化交流プロジェクト/QCA,藝大,女子美」 (AIR3331/東京)
2016 「アート・イン湯宿」 (みなかみ町湯宿温泉/群馬)
2016 「HoneyComb Catalogue - 坂口研究室展」 (瞻百堂画廊/東京)
2016 「虫瞰観測 - 石橋財団奨学生成果報告展」 (絵画棟6階, 東京藝術大学/東京)
2016 「IN/OUT 留学・レジデンシー報告有志展」 (Yuga Gallery, 東京藝術大学/東京)
2017 個展「所在の輪郭」 (絵画棟8階, 東京藝術大学/東京)
2017 「石橋財団・東京藝大油画 海外派遣奨学生展」 (陳列館, 東京藝術大学/東京)
2017 「亀山トリエンナーレ2017」 (岡田屋 月の庭 奥庭/三重)
2017 「アート・イン湯宿2017」 (湯本館 みなかみ町湯宿温泉/群馬)
2017 「Rêver 2074 - 2074,夢の世界」 (大学美術館 B2F, 東京藝術大学/東京)
2017 「Through The Glass」 (AGC Studio 2F 京橋/東京)
2017 「新鋭アーティスト発信プロジェクト A-Lab Artist Gate 2017 」( A-Lab/兵庫)
2017 「Through The Glass - AGC旭硝子×藝大 成果報告作品展」 (Yuga Gallery/立体工房, 東京藝術大学/東京)
2017 「第65回 東京藝術大学卒業・修了作品展」 (東京藝術大学/東京)
2018 個展「ちぐはぐ、窓辺からの綴」 (株式会社ベリタス オフィス内/東京)
2018 個展「遠い遠い、そとはあかるい」 (Gallery Gigi, 江ノ島/神奈川)
2018 個展 「瞬きのうちに」 (経堂アトリエ plum café, 経堂/東京)
2018 「KAMEYAMA 展」 (Bank Bed Gallery / Guest House 田家(DENCHI), 西浅草/東京)
2018 「綴り まえがき」 (株式会社ベリタス オフィス内/東京)
開催日 : 2019/6/16(日)~2019/8/1(木)
場所 : 鳥羽市鳥羽3-9-3(旧錦水堂)