© 2018 Toba City All Rights reserved.

海女人形展示

海女文化の発信に尽力した故・冨士井和正さんが、趣味で制作していた海女の紙粘土人形の数々です。海女をモデルにした古い観光ポスターに惹きつけられ、海女人形作りに専念。亡くなるまでの4年間に300体以上を制作。完成と同時に伊勢志摩の観光施設に寄贈されました。他にも冨士井さん作の紙粘土の魚や、志摩市の山川芳洋さん作の海女の彫刻などを展示しています。

悩ましそうな海女人形。

海女人形一体ずつ、制作順に番号が振られています。

紙粘土でできた、魚の人形。

力強い海女の彫刻。

海女人形、彫刻の他に海女の道具や志摩半島周辺の空撮写真も展示しています。

開催日 : 常設展示
場所 : 鳥羽ビジターセンター
お問合せ : 鳥羽ビジターセンター
URL : http://ise-shima.or.jp/tvc/index.html