© 2018 Toba City All Rights reserved.

From Primary Senses       リンダ・デニス&ユミ・マシキ

オーストラリア出身のアーティスト リンダ・デニス氏(女子美術大学)が手掛ける漁網のアート作品とユミ・マシキ氏の音楽展。
旧錦水堂を利用した展示です。
この展覧会のサウンドスケープとビジュアルアート作品は2018年の夏に行ったアーティスト・イン・レジデンスで制作されたものです。

鳥羽の安楽島盆踊りにて催されていた『網かぶり』のストーリーにインスパイアされた作品。
『網かぶり』は盆踊りの際、まず数人が一緒に一つの網(漁網または蚊帳)を頭にかぶせて踊り始め、徐々に周りの人々を網に引き入れて、皆が踊りに加わっていく動きです。
『 網かぶり』はリンダ氏のテーマ「touch (タッチ)」と共鳴し、日頃より関心のあるコネクション(繋がり)、コラボレーション(協同)、コミュニティとの関連を強く感じ、2018年夏の盆踊りのために作品を制作しました。
この作品は、実際に盆踊りで『網かぶり』に用いられました。

スマートフォンなどでQRコードを読み取って音楽を再生する新しい展示方法です。
下のPDFから読み取って「安楽島ドリーム」「サマードリーム」「海女さんドリーム」の3曲をお楽しみいただけます。

リンダ・デニス
東京と三重県に制作拠点を置き、オーストラリア出身のアーティスト。世界を理解し捉える方法に「 touch 」と い う 行 為 に 着 目 し て 1 0 年 以 上 活 動 し て い る 。
研 究 テーマ の ひ と つにコラボレーションと国際交流がある。東京藝術大学で博士号を取得。 2014 年「タッチ・ ベース・クリエイティブ・ネットワーク」を設立。女子美術大学 芸術学部 准教授。

ユミ・マシキ (真志喜 由美)
日本/イギリスを拠点に、映像音楽制作、オーケストラ編曲(東京ディズニーランド他)等で活動中。これまでにアーティストとのコラボレーション多数:Whitechapel gallery(UK)、Degree Art gallery (UK)、Open Senses Festival 2017 (UK)での個展、インスタレーションにてサウンドスケープ・作品が展示/上映されている。英国キングストン大学大学院映画音楽作曲コース修了。

開催日 : 2018/11/11(日)~2019/1/17(木)
場所 : 鳥羽市鳥羽3-9-3(旧錦水堂)